PCのキーボードを考える

ここ数年もっぱら使っているパソコンはノートパソコンなのですが、使うに当って色々と対策をしておかなければならない事があります。
元々はデスクトップ派という訳でもないのですが、スペック的な事や値段的な事を考慮してデスクップパソコンを愛用していました。
しかし、これといってハイスペックを求められる様な、例えばゲームの様な事はしないし、動画の編集などもしない為、
電力の消費も多く場所を取るデスクトップよりノートパソコンの方が魅力的に思えて来る様になり、必然的にノートパソコンを使う様になりました。
ノートパソコンは当然ですが、全てが一体になっているので場所も取りませんし、消費電力も非常に少ないので基本的にはとても便利です。
今現在PC市場はデスクトップよりノートやタブレットが売れているのも頷けます。
しかし、長く大事に使おうと思ったらデスクトップよりもしっかりとした対策が必要だという事が、使っていて判ってきました。
まず、熱対策をしなければなりません。デスクトップに比べて放熱性が悪いのは設計上仕方のない事で、
私の場合は台座にファンが付いた周辺機器を利用しています。これならば角度も見やすく出来ますし、
下から空気を当てて放熱を助けてくれるので、ノート特有の下部が物凄く熱くなる現象を抑える事が出来ます。
そして、案外盲点なのがキーボードです。出来れば本体のキーボードは使わずに外付けのキーボードを使用する事をお勧めします。
経験上結構本体のキーボードは壊れやすいです。